リスクが大きい!トイレ詰まりの原因と対策

リスクが大きい!トイレ詰まりの原因と対策

トイレットペーパー以外は流さない

トイレが詰まってしまう原因の多くは、トイレットペーパー以外のものを流すことにより、配水管に詰まってしまうことが挙げられるでしょう。小さな子供が居る家庭では子供が面白がっておもちゃのボールや普通紙などを流してしまい、トイレが詰まってしまうことが少なくありません。また、痴呆症の高齢者についても、誤って紙おむつなどの流せないものを流してしまったりと、トラブルが多いのも事実です。予期せぬ行動を取らないように普段から注意しておくことが重要ですね。

トイレットペーパーの量にも注意

トイレの詰まりの原因には、使うトイレットペーパーの量が多いため、配水管の屈曲部などに溜まってしまい、汚水が流れないということもよくあるケースの一つになります。トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られていますが、一定量を越えると配水管にこびりついてしまうこともあるため、用をたす時にはトイレットペーパーの使いすぎに注意しておきましょう。トイレットペーパーの種類によっては薄手のものや厚手のものがあるため、種類によっても使い過ぎの度合いが異なります。

徐々に進行するトイレ詰まり

トイレは毎日使うものであり、その度に汚物やトイレットペーパーが配水管を流れていきます。トイレが詰まる場合は、何の前兆もなく詰まるケースと、徐々に詰まりが発生することにより前兆が認められるケースがあるため、トイレの洗浄水の様子をチェックしておくことも大切です。洗浄した後に溜まる水のレベルを覚えておき、いつもより溜まる水のレベルが高くなってきたら配水管に詰まりが発生している可能性が高いので、トイレ用洗剤などで配水管の汚れを解消しておきましょう。

水道修理は、水道が壊れたり調子が悪くなった時に修理すること、またしてくれる業者のことです。水道に限らず水回りのトラブルをみてもらえます。