失敗しない中古フォークリフトの選び方をご紹介します!

失敗しない中古フォークリフトの選び方をご紹介します!

前のオーナーはどんな会社ですか?

中古フォークリフトの選び方のポイントは、前の所有者がどういった会社だったのかを知ることですよ。所有者が分かればどういった使われ方をしていたのかだいたい察しがつきますよね。大抵は工場や倉庫で使われていることが多いですよね。ただし、業種によってはかなり酷使されている可能性が高いので十分に気をつける必要があります。おすすめはレンタルかリースで使用されていたフォークリフトです。こうした場合は良い状態のものが多いですよ。

検査記録簿はありますか?

中古フォークリフトの選び方でもっとも重要なことは、しっかりと正しいメンテナンスが行われていたかどうかです。フォークリフトには義務付けされていることがあります。それは、1年に1回必ず特定自主検査を行うことと、その検査記録を3年間保管しないといけないということです。これは法律で定められていることなので、しっかりと確認しましょうね。検査記録簿がないものは問題外ですよ。状態の悪いものは買わない方が賢明です。メンテナンス費用がかさむかもしれませんよ。

どんな大きさでも大丈夫ですか?

フォークリフトにはいろいろな機種やサイズがあります。会社の倉庫で使用する場合を例に挙げてみましょう。そうした場合、大きさはとても重要ですね。運搬するものの重さや大きさにもよりますが、フォークリフトそのものが大きすぎると倉庫の入り口から入れないなんてこともあるかもしれませんよね。運ぶものを選んでしまいますが、コンパクトで小回りの利くフォークリフトもありますよ。使用場所に合った大きさのフォークリフトを選んで業務の効率化を図りましょう。

フォークリフトとは、人間の力では持ち上げることが困難な物を運んだりすることができる車両です。物流業界などでは必須とされること多く、使用する際には資格が必要となっています。